2006年10月27日

仲間とつながりハッピーになる教育

仲間とつながりハッピーになる教育
2006/10/21 金森俊郎先生

1.手紙ノート
2.自分たちで問題解決する
3.ボディーコミュニケーション

キャッチャーにどれだけ徹しきれるか
学校は「カチンコチン」
「トイレに行ってきていいですか?」「落し物です」「落し物です、どうしたらいいですか?」
必ず聞いてくる。小中学校9年間は許可を得てる教育

「ドシャブリ、ドロンコ」について
運動場は大丈夫?親からは?(必ず聞かれます)
40年間文句を言われたことなし、過去の実績は関係ない。4−6月までの実績になる

「軍師は時を読むのが大切」

「子供は攻撃性をプラスに変える力があり、それを豊かな文化に切り替える」

「僕をどうみているか?」「私を見ている」共通性

心と体を他者に向かって広げているか?

「ある一線をどこかでうちやぶれるか?」

「やけくそになると人間は強い」

NHKのTV番組は世界で賞を獲得した

「僕らの先生はキャッチャー、で、僕らはピッチャーやねん、ほかの先生は、お前の考えはダメと言う」

「キャッチャーと言うのは指導力がないと勤まらない」

「キャッチャーと言うのは、見方を全部しらないといけない」

「日々、生きている、生き様という生き方、日々行動しているものが貫いている」

「いま、学校は生徒がキャッチャーになっている。学力、徳力までそうなっている」

「子供は手段と目的がすごく近い、子供は学校から家までの間でも作文が書ける」

「学びの源泉」

「子供はどんなことがいいたいか?」

「人間は聞いてくれる人にしか心を開かない」

禾(のぎへん)+火=秋
麦は違う 来→麦 (外来したと言うこと)

「キャッチャーは柔軟な発想でないといけない」

「学校の時間割をどうしているか?内容は熟知している」

「コンビニの周りの稲は実をつけるのが遅い」「稲も眠らないといけない」

問題解決するための難しい事

人へは、伝える努力をしないかぎり、聞く努力をしないと伝わらない


「ある女性から手紙がきた。主人が過労死、これ以上何をがんばれという?」

助けてくれといわれた
子供に話をした。20分から1時間たった。
「夜寝ていないんです」
なぜわざわざ
「悲しいかな、大人すら説教する人が多い」
「私だって、友達をまもりたい」
「弱いもの、抱えたものを守ろうとする人がいない」

「森は海の恋人」
「生の授業、死の授業」

「私がキャッチャーになれたのは、友人知人がバックネットを作ってくれたから」

■以下は質疑応答

「一見、受身に見えても指導力が必要」
「柔軟な発想を瞬時にしないといけない」

「希望をどこまで語れるか」
この時代の中でどこまで希望を語れるか?

「いい土木工事は永遠に続く」

現在、林道を土に戻しているところがある

「作った製品に対して奥行きをどこまで深くできるか?」

石臼の文化は、日本では戦国時代に栄えた

「売った物を客が使っている」

「小学校の先生を見下しているのが、明らかにわかる」

「駅に行けばいっぱい宣伝が...民放はだだ、NHKは有料」

Q.教師を指導する立場になぜならないのか?

A.校長は事業所の所長どまりである、教育はロマンだと思っている。

日本の教育に帝王学はない

「私は子供と一緒にいま起こっている事を語りたい」

Q.キャッチャーの役割はなかなかできない。形式化したものを作れないか?

A.死ぬほど考えている。キャッチャーであれと思うのは、教師は圧倒的にピッチャーであるから。

「学校と言うのは硬直化している」

「本質を見抜くのは並大抵ではない」

「私は実践している。それを製作し組織化している」

「教育はすぐに結果が出ない」

「伏流水をどれだけ貯めれるか」

「結果を継続的に考えている」

3つを教えている
1.学んだことの意義
2.物と人との関係性
3.命の尊厳

「昔は味わいをだして教える人が多かった」

「昔話には、じーさん、ばーさん、が出てくる。父母ではない」

「エピソードで語る人が少なくなった」

「教えることと学びたいことは深い溝がある」

すべての関係が1対1になっている
組織のなかでどう学ぶか考える

人と人とを織りなす仕事が難しい

Q.学問と社会教育の比率は?若い教育者に伝えたいことはなにか?

A.心の教育と学問教育を分けていない
 学問をきっちり、していけば心の教育にもなる
「心がどう動いたかを聞く」
「稲も人間もいきもの」
漢字ってちゃんとわけがあるのよ
「学問研究と学問を通しての心の教育は同じ」
「学び方を学べ」「哲学を持て」と言っている

「森は水田を育てた」「日本の水田が森を育てた」

哲学を学ばないで、How toのみになっている

「現場で育てるのが基本」

Q「先生の哲学に対して反発は?」「教育できる人数は?」

A人間としてチームとして、教育はいつも個々の教師にある
「教育はひとなり、人と人とが組んだときどうなるかを考える」
「教師の質は今の方が昔よりよい、組織を織り成す力が不足している」

A.教育できる人数は20人と言うのが世界の標準 テーブル式のディスカッション、3人で教える場合もある。

Q人間と言うものをどう捕らえているか?
A「人間とは幸せになるために生きていると捕らえている」

品川女学院の例を出された。

人間観について
リアリズムでないと感動は伝わらない。
例)
1.ボディーコミュニケーション
2.そのもとで生かされている
3.塩と命をどう考えているか?

「生かされているとの実感が大切」

「その命を輝やかせてあげたい」




posted by zapper33 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

漢字能力検定

漢字能力検定 大久保昇先生 2006/10/21

漢字能力検定の現在

1.社会人の受験が意外と多い
2.親子や家族で受験している
3.200万人が受験している

日本人の漢字とは
1.漢字を日本語の漢字としている
2.漢字に音訓読みがある
3.漢字に読みが複数ある 例(家カケ、楽ラクガク)
4.漢字から独自の文字を作った 例)阿→ア 安→あ
5.漢字を逆輸出している 例)中華人民共和国 投資 金融

普及にあたり
1.広報が大切 広報と広告は違う パブリックリレーションが大切
  広報は広告の10倍の効果がある
※日本が広報と広告を混同しているのは広告会社が広報会社を子会社として持っているから。USでは別。

2.ブランド力が大切 一つの使命を持つ
※すべての学習の基礎は国語力である

3.事業の最初から採算がとれるわけではない
  漢字検定は継続しなければ意味がないと思った

ビジネスマンは数が少ない。 CBTで受けられるようにした。
トレーニングをインターネットで受けられるようにした
ビジネス検定を考えていかないといけない

女 という漢字について

もっとも古い文字の一つ
手を組んでひざまずいている図
古代中国は男尊女卑だから?否
古代は女性が祈っていたからである。

家 という文字について

ウ冠=家 と豚が同居していたから?否
家の中で先祖を祭っていたからである。豚はお供え物

嫁 という字は、女が家に来て、その家の先祖を祭るから

女という字は部首になるが、男はならない。

安→ 家に女がいるから安心、大安より

■以下はQ&A
漢字検定に目をつけた理由は?
先を見ていた。
なぜ検定?
人間はほめてもらうのがすき。目標の達成感がある。検定は達成感がある

漢字の復権に、文化を広めていくには?
日本は太平洋戦争に負けたとき漢字を廃しようとした。
ローマ字にしようとしたりした。
常用漢字(1945文字)をなるだけ使うようになった。
JIS漢字(6000文字)15万文字の漢字ソフトもあるが、ソンと言う人が押さえ込んだ。※本当かな?

経歴について
松下電工につとめていた
もともと漢字には興味があった
一生サラリーマンをやるつもりはなかった
京都に小さなビルを立てた
テナントに入ってくる人たちはなにかの教室が多かった
※このとき商売は1に立地だと思った
何人かの先生が学力について低下しているとぼやいていた
その当時、英検はすでにあった
開業当初「漢字は親でも教えられる」「ワープロがでたら廃れる」など言われた。
「10万人」を超えるまで大変だった
10万人を超えてから周りに助けられた
国語の基礎は漢字だと思った
「あまり深く考えると前に進めない」

Q毎年、清水寺で今年の漢字を発表しているが?
たまたま、清水寺の住職と知り合いでした

財団の経理は?
インターネットで公開している。それを見てください

財団法人を作った時は?
ユニークであること(ほかでやっていてはだめ)
10年以上たっていること
全国で実施していること
技能検定になること

組織が大きくなるときの留意点は?
ニーズがあるところから活動すること
高校→中学→小学 ときている
努力すること

パブリシティにとりあげてもらいやすかった

あまり儲けようとは思わなかった。が、事業は赤字続きではなりたたない

現在
ジャパンウェー 社会貢献をサポートするポータルサイト を設立している

■以下はコメント
身体化→客体化→制度化を見事に実現している

化の語源
化→7と言う意味
文化とは、人間の七つの穴が開くと言うこと

道の語源
中国では、 道=至 は同じ読み
之(シンニョウ)=足 と首が、一つにつながっていること。

静聴ありがとうございます は間違い
清聴が正しい

「文は人なり」
「文は思考のための道具である」

ご清聴ありがとうございました。
posted by zapper33 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

今を生きる、明日を生きる

■今を生きる、明日を生きる (株)ムーンバット 岡田登史彦先生 

2006/10/11

陰隲録とシルバーバーチから

自分にとって
65才−75才は神様の贈り物としている

陰隲録

「学海」 1522-1620 詳細不明 日本は足利時代

杞山→哀願→父→本人 と生まれる

「皇極経世書」を書いた人が人生を占った。

科挙の試験
県考14位
府考71位
道考9位
と全て言い当てる。

自分は
父は鉄工所勤め、母は内職
毎日、みそ汁、麦飯、ふきをおかずにしていた。
妹はアナウンサーになる
300円の給食費がだせない。
IQ144で、その学校で歴代2位

長男は、今ダイビングインストラクター 週1000のゲストを迎えている
昔は悪かったが、誇りに思っている。

住友銀行入社
野田支店
事業調査部→エリート→持ち帰り残業

ムーンバット入社
全員面接
在庫の全処分

ホノルルマラソン 人生最良の日
マラソンは一人で走るスポーツではない

退任決意
業績悪化の引責辞任でした
20人の自分がいたら、5人元気、10人中立、5人自殺
業績悪化を苦に自殺する方の気持ちがわかった。

妻事故
植物人間→今はリハビリで走れるまでになった。

スピリチュアル
自分がまず元気になる
65才になったら社会的な事をしたい

現在は京都ボランティア協会をしている。

祇園祭りのボランティアを募集したりしている。

posted by zapper33 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

アメーバ経営

「アメーバ経営」稲盛和夫 を読んで

アメーバ経営の要諦
1.市場に直結した部門別採算制度の確立
  売上最大費用最小
2.経営者意識を持つ人材の育成
  責任を持たす
3.全員参加経営の実現
  経営理念の浸透

HOW TO

1.事業として成り立つまでに細分化
 ただ分ければいいわけではない。
 まず、機能がありそれに応じて組織がある。
 営業→製造→研究→管理
 1.アメーバが独立採算で成り立つ単位
 2.ビジネスとして完結する単位
 3.会社の目的を遂行する為の組織分割である

2.アメーバ間の値決めは公正公平な判断で
 
3.リーダーには経営哲学が必要
 

現場が活用できる管理会計手法
時間当たり採算表を作成する。


売上高1兆円企業を2つ作った人間学をへ理屈抜きにマネしてみようと思っている。


posted by zapper33 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

経営者になる経営者を育てる

経営者になる経営者を育てる菅野寛
 を読んで

さすが、うまくまとまっている。

フレームワーク的思考はすごく大事だが、その考えが
「あるフレームワークで考えている」
ってことに気づくことがすごく大切な気がしました。

見方は一つではない。って事です。

タグ:経営
posted by zapper33 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。