2007年01月28日

理念に基づくマネジメント革命

■理念に基づくマネジメント革命 20070128 天外シロウ先生

本名の土居は徳川の血筋

会社を引退するのも一つの死

人間は何度も死を経験する

■意識の成長、進化

成長するには多くのステップがある


      蝶
      __
   蛹 |
   __|
  |
芋虫|


芋虫→蛹 の→を変容と言う

変容を起こす前、死を経験する

死から目を背けると変容を起こせない

死の予行演習をちゃんと行わないといけない

人間は意識の成長をする願望がある

ものすごいブレーキとアクセルを踏み続けている(近代文明人)

死を意識するとブレーキが緩くなる

死の研究をしている

マハサマディー(瞑想しながら死ぬこと) ヒンズウ教→密教

TMも同じ(マハリシ・マヘッシ・ヨーギ)

マハサマディではなく死と直面すること

ホロトロピックセンターを作っている(九州、銀座、北海道)
目的
1.病気にならないようにケアする
2.病気になると変容しやすくなる(実存的変容)医学的サポート

今までの医学は死についてタッチしていない
ゲシュタルト以降は変容をサポートしている

ホロトピックワールド関西

■マネジメント革命について

表面的には突飛に見える
日本には昔からある経営者像を書いてある
「松下幸之助、井深大」
稲盛さんも実践している

「テイラー以降に皆毒されている」

井深さんと35年間べったりである。
医療、教育も井深さんの影響である
当時は井深さんが何をやっているかわからなかった

2003年のソニーショック、2年ほど前からおかしくなった。

いったい何が違うのかわからなかったが
「全部違っている」ことに気づいた。

合理主義経営を額面どうりやると失敗する
「ソニーしから、富士通しかり」

「矛盾をはらんで経営している」

日本経営合理化協会 アロマック でセミナー
1日4時間×6 42万 人間性経営学

表面的矛盾をはずすのには90分では難しい

■経営とは
1.人間とはどういうものか本質から紐解いていく
(学者が書いたモノは人間は合理的だと言う前提、合理性からはみ出したモノが重要)
2.運命も経営のなかに取り込んでいく(運命の法則)
3.大河の流れ
4.社員をボンクラだと思っていることが社員をボンクラにしている。

人間的に成長していること


ホロトッピクネットワークの話
私の特性は、無精、ぐうたら、チャランポラン

自分が言い出したら「彼女たちのモチベーションを破壊する」
「彼女たちは視線が会員の方を向いている」

CD、NEWS、AIBOを作ったが毎回燃える集団を体験している

ある日突然スーパーエンジニアに変身する

どう考えても運がよくなったと思える

NEWSプロジェクトの話

担当者の要求が受け入れられてスイッチが入った。

人間は新皮質と旧皮質がある
新皮質が人間の行動のじゃまをする

1.チクセントミハイル(フロー理論)
2.ティモシーガルウエイ(インナーテニス→コーチング)

コーチを受けて欠点を指摘するとダメになる

意識するとダメになる(新皮質)

脳科学から説明するとわかる

ロボットのアーキテクチャも同じ 5mmsec 1秒に200回 

新皮質は遅くてダメである

運動は全て旧皮質による

意識するとダメになる

インナーワークもフローも意識するとダメになる

新しい脳を別の方に振り向ける

新皮質の価値判断とは理論と理性である

古い脳は情動で判断する

人間はまったく不合理的である

合理的経営はまったく間違いである

軍隊ですらそうである(坂の上の雲)

2/28 大阪経営合理化協会でも説明する

■質疑応答
小さな企業では全員が燃える集団をめざす

燃える集団ができると、次のメンバーが燃えるようになる

Qプロジェクトマネージャを置かないのだが
A新人にはよい、管理型で生きてきた人にはむずかしい

Q呼吸とどう関わっているか
A呼吸は意識と無意識との入り口

Qプレーヤからマネージャになるには?
A

Qろくな経営書がないと言うが...
A経営はサイエンスではない。科学は新皮質の産物。脳の深い営みを書きたかった。

Q神棚に手を合わせていると涙がぼろぼろ出てくるのだが
A続ければよいです

Q長老型経営とは呼吸経営ですか。
A呼吸と言うのは正しいがわかりにくい
(呼吸には3000種類ある)

Q経営に占いは?
Aどうでもいいことは当たる。大事なのは欲がでてあたらない

マイクロマネジメント型の問題点
1.メンバーがハッピーでない
2.人が育たない

まず、自分が成長しなければならない

長老型にするには人間力が必要

理念を考えるときのベースはドラッガーを持ってきている
60年たった。次を考えなければいけない

ソニーがおかしくなった時、部長が6人死んだ。

社員はただのステークホルダーではない

企業は生命体である

局所と大局の行ったり来たりと思う

エピソードの解釈が間違っている
大山大将は負けそうになっているとき、「とぼけている」

「とぼけて、どこぞで戦が始まったかな...」

ものすごく高等なマネジメントである

「ガンバレ、ガンバレと鼓舞することではない」

「負けそうな時は人を笑わす」
「まず猥談を言えと人に言われた」

細かい事に口をだすのは「変化があるとき」

大家族主義で経営していると管理がおろそかになる
フィロソフィーで調整する

数字はキチンとする

成果主義はよくない。「高収益企業の作り方」での書いてある

「まず、やりすごしを許容すること」

「指示命令」が無視されたら普通怒る。怒ってもよいが、怒らないのが長老型

現場で起こっている事に個別に対応する

ソニーは井深さんの経営哲学が続かなかった

相手を見てマネジメントすること

マイクロマネジメントはだめ

フィロソフィーと言うより宇宙的視野

下からの全面的信頼と尊敬

尊敬と信頼が長老型の神髄

脳科学→「脳の力大研究」

内意識、フロー、コーチング、内発的

言葉はコミュニケーションを断ち切る道具

こっちがチューニングしてあげること

人は全てもっている

仏性

真善美

深美意識



ラベル:天外
posted by zapper33 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

コーチングセミナー 承認

2007/01/20 山崎ひろみコーチ

■承認

承認には
1.存在→聴く
2.行動→経過
    →結果(評価)価値観

結果を承認する場合、自分の価値観が入る

価値観=自分のものさし、絶対ではない

例)大切に使う=ちびちび使うor一生懸命使う 等々
  チャントやる

WHYを言うと人はできない理由を探し出す
WHAT HOW を使う

過去=Why
未来=What How

自分で決める=責任が出る

認める=見て止める、留める

気づいたことを話してあげる

感情を認める

子供が棒切れを振り回していたらどうする?

1.感情を認めるのが大切。→楽しそうね。
2.行動について話す。→ もっと広いところですれば?とか

成功者→成幸者
自己肯定感を持つ

脳は否定語をキャッチしない
ラベル:コーチング 承認
posted by zapper33 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

コーチングセミナー 聴く

2007/01/20 山崎ひろみコーチ

■聴く

コーチングとはコミュニケーションの技術

人は忘れる生き物です

知っていることとできることは違う

指示命令していると、支持し続けなければならない

感情を人はあやつれない

人と話すことの感覚を大切にする

相手の態度は目で確認する 目からが80パーセント

話を聴いていないと思ったら話す気がうせる

■オーム返しについて

感情の言葉が出てきたらオーム返ししてあげる

相手がどう感じているかが大切

■思い込みを捨てる

ひとつの事実にどんな意味づけをしているか?

人はレッテルを貼る

自分を知ることで選択肢が増える

プラスの意味づけをしているか?

人は欠点に目が行く

関心にあるものしか目が行かない

意識していれば情報はキャッチできる

話す=放す=離す

元気→気を元に戻す

■感情
怒りは余裕のないとき出やすい

怒りの前には期待がある

相手にWHYを使うとだめ

私は〜を期待している

ラベル:聴く コーチング
posted by zapper33 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

鉄壁の組織力を創るセンス〜パートナーシップ

■鉄壁の組織力を創るセンス〜パートナーシップ 2007/01/17 19:00〜 瀬戸口千佳コーチ

コーチングはセンス

前進を作るにはセンスが必要

時代が変わるとやり方があわなくなる

シェアから学ぶ

相手と話をするワーク 15分

部屋の空気はどうですか?

コミュニケーションをいかによくするか

ちょっとした垣根を超えることが大切

コミュニケーションが大切と阪神大震災の時に思った

でも人は忘れる

じやーどうしたら忘れないか。自分をコミュニケーションの中においておく

やりたいこと行動がどうしても違ってしまう

知ることとできることは違う

知っていてもできない→できないのでやめてしまう

失敗してももう一度やってみる

自転車のれるようになるのと同じ

失敗するとできるようになる。できなくても当たり前。できない自分を責めない。チャレンジし続ける。

あなた自身が腑に落ちないと説得力がない。

コーチングは目標を達成するためにあると思っていたが...
相手は自分ではないことに気づく

■パートナーシップを作り出す4つのステップ
1.自分を言う
2.相手を聴く
3.依頼、約束
4.コミュニケーションラインの確保

※コミュニケーションラインの確保とは、言いたいことが言える環境

シップ=シェイプ=型=あり方

一人でやっているように見える(まずい)
パートナーとして扱う
個人攻撃していてはチームワークは生まれない
自分の言いたいことをなかなか言えない

コミュニケーションラインの確保
1.誠実性
2.合意
3.Iメッセージ、YOUメッセージ

効果的に相手に聴いてもらえるか

非難するときはYOUメッセージを使わない
否定、批判、注意、評価 等も

今、パートナーに
「ぶっちゃけて言う」
ぶっちゃけて言わないと相手の目を見れない。(怒りをみつけられたくない)

人がコミュニケーションを切るときのポイント
1.とらわれ事がある(うわの空)
2.隠し事がある
3.鬱のとき

Iメッセージ
私にはこう見える。私はこう思う。


自分のコミュニケーションには癖がある
ワークをする
パターンを増やす

自分が相手に伝える言い方がない

練習すればできるようになる。

コミュニケーショントレーニングが大切

ワークをする

自分のコミュニケーションについて他者に聞いて意見をもらう
「一方的ですね」と言われる
「社長はどう思われます?」と聞いてみば...
コミュニケーションは行ったりきたり..
自分の表現の仕方を変えてみる



posted by zapper33 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

成功の法則

■成功の法則(松下幸之助はなぜ成功したか) 江口克彦 著

幸之助自身、なぜ成功したのか本当のところはわからなかったそうだが
長年仕えた著者が分析している。

1.熱意を持てば成功する

2.感動を与えられれば成功する

3.些細を積み重ねれば成功する

4.育てる心を持てば成功する

5.責任を自覚すれば成功する

6.人間観を正しく持てば成功する

補足:幸之助は何を基軸に考えたか

衆知と自然の理法


posted by zapper33 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

座布団の前後と裏表

■座布団の前後と裏表

座布団の前は縫い目がない方

座布団の表には中央に房がある方

法事、仏事に欠かせない法要座布団を座り心地にこだわった低反発に。低反発法要座布団

ラベル:座布団
posted by zapper33 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

森の思想が人類を救う

■森の思想が人類を救う 梅原猛 著

日本の宗教 神道と仏教の歴史

仏教の四諦

1.苦諦(人生は苦である。生老病死)
2.集諦(愛欲は苦しみの大きな原因)
3.滅諦(愛欲を滅ぼさなければならない)
4.道諦(戒を守って浄化する)



3つの危機について

1.核戦争の危機
2.環境破壊の危機
3.精神崩壊の危機

自然を征服する哲学から共生する哲学

自然の征服 ギルガメッシュより始まる





ラベル:梅原猛
posted by zapper33 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

技士道

■創造力 西堀榮三郎 著 より

技士道

1.技術に携わる者は、「大自然」の法則に背いては何もできないこと認識する。

2.技術に携わる者は、感謝して自然の恵みを受ける。

3.技術に携わる者は、論理的、唯物的になりやすい傾向をもつ。したがって、特に精神的に向上するよう精進する。

4.技術に携わる者は、技術の結果が未来社会、および子々孫々にいかに影響を及ぼすのか、公害、安全、資源などから洞察予見する責務を負う。

5.技術に携わる者は、企業の発展において技術がいかに大切であるかを認識し、経済への影響を考える。

6.技術に携わる者は、常に顧客指向であらねばならない。

7.技術に携わる者は、人倫に背く目的には毅然とした態度で臨み、いかなることがあっても屈してはならない。

8.技術に携わる者は、互いに「良心」の養育に勤める。

9.技術に携わる者は、創造性、とくに独創性を尊び、科学・技術の全分野に注目する。

10.技術に携わる者は勇気をもち、技術の開発に精進する。

11.技術に携わる者は強い「仕事愛」をもって、常に精進する。骨惜しみ、取り越し苦労を戒め、困難を克服することを喜びとする。

12.技術に携わる者は常に注意深く、微かな異変、差異をも見逃さない。

13.技術に携わる者は、責任転嫁を許さない。

14.技術に携わる者は常に楽観的で、「禍い転じて福と為す」の諺のように失敗を恐れず、それを成功に持っていく術を身につけなければならない。

15.技術に携わる者は何事をなすにも「仁」の精神で、他の技術に携わる者を尊重して、相互援助の実をあげる。

posted by zapper33 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。