2006年10月08日

アメーバ経営

「アメーバ経営」稲盛和夫 を読んで

アメーバ経営の要諦
1.市場に直結した部門別採算制度の確立
  売上最大費用最小
2.経営者意識を持つ人材の育成
  責任を持たす
3.全員参加経営の実現
  経営理念の浸透

HOW TO

1.事業として成り立つまでに細分化
 ただ分ければいいわけではない。
 まず、機能がありそれに応じて組織がある。
 営業→製造→研究→管理
 1.アメーバが独立採算で成り立つ単位
 2.ビジネスとして完結する単位
 3.会社の目的を遂行する為の組織分割である

2.アメーバ間の値決めは公正公平な判断で
 
3.リーダーには経営哲学が必要
 

現場が活用できる管理会計手法
時間当たり採算表を作成する。


売上高1兆円企業を2つ作った人間学をへ理屈抜きにマネしてみようと思っている。


ラベル:アメーバ経営
posted by zapper33 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。