2006年11月16日

人材パワーアップセミナー

■人材パワーアップセミナー 2006/11/16 18:30−20:00

社労士 オフィスアン 松下直子先生

グリコに10年勤める
広報→人事に移動し、人材育成の仕事になった。

人材育成とは
やらないと大変なことになる。組織には人を育てる力がある

松下幸之助→経営の三要素とは
知恵、度胸、忍耐
人材育成は忍耐が必要

松下電器は人を作る会社であると言った

現在、公文式塾を経営もしている

公文式は全国18000店 セブンイレブン17000店

塾内に小さな図書館も作っている、なぜか?
子供たちの国語力が低下している

絵本には大人の知恵が詰まっている
「不思議の国のアリス」の抜粋をされた

日本産業訓練協会

人事は経営マターである

CLO=チーフラーニングオフィサー
新生銀行ではCLOを作っただけでPRされた。(日本ではめずらしい)

環境と教育が人を変える

人材の投資が不可欠

明治時代の定年は55才 なぜ?
平均寿命が60歳だったから
現在、定年60歳→寿命85歳 おかしくない??

変化に対応できる種だけが生き残る

人事評価について
「あんな上司に評価されたくない」と思われては負け

最善とは 「最」 「善」 人材育成の本

田坂宏氏
「あなたの可能性を信じること」

愛情とは、「その人との関係を切らない事」

「教育からきれいごとを取ってはいけない」

コーチングには100のスキルがある
最大のスキルは「聴く」ことである

自己実現=「自分が成長できるか」である

マズローの5段階欲求 

生理→安全→愛→承認→自己実現

ウイリアムジェームスの名前が出てきた

リサーチ方法も国が待っている

赤青白黄

教育は場当たり的ではだめ、本質を見抜くこと

教育は個別である

目標管理制度の充実

「ホウレンソウ(報告連絡相談)」の反対語は
「メイカイエン(命令解説援助)」である。

■所管
チャームングで早口でよくしゃべる方でした。

若いとき体が弱かったそうです。

いっぱい情報を話してくれたが、検証するのが大変だ。

コミュニケーションテストをしました。
会社でもしたが、おおむね好評であった。
タグ:人材育成
posted by zapper33 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27701492

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。