2006年11月11日

TOCセミナー3

■ディストリビューション

TOCの原型

SCMは原料→製品→消費者に届くまで

デストリビューションとは製品→消費者

P&Gとウォルマートのモデル

AGIが業務改善を行った

1992年に業務改善を行った

パンパースがない→他社内製品(見込み生産)

消費財を耐久消費財に適用したのが、キャデラック(GM)であった

メーカーオプションをつけて発注すると、今まで90日かかったが、7日になった。

車を作るリードタイム

日産アメリカ→18時間

キャデラックは1日

ホンダは1.5ヶ月

■なにをかえる、なににかえる、どうやってかえる

■ディストリビューションの問題点

1.月末にいそがしい
2.必要な部品がない
3.客からの注文がかわる
4.在庫水準がわからない

根本的な原因は?
解決は難しい

1.見通す(全体をコントロールできない)
2.タイミング



■在庫について

バッファはトラックと倉庫を含める

サプライチェーンのバッファは日数×商品販売×MAX数

在庫に推移をみる



タグ:TOC
posted by zapper33 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | TOC(制約理論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27753825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。