2006年12月07日

松下幸之助に学ぶ

■松下幸之助に学ぶ 2006/12/07 江口克彦先生

22年と7ヶ月 幸之助と一緒でした。

全部話すと、5時間ぐらいかかります。

36歳よりPHP研究所を経営

PHPとはピース・ハッピネス・プロパティ

幸之助は、電器産業で物質的な幸福、PHPで心の幸福を行った

物心両面の幸福は、両輪です。

物がなければ礼節はないです。

「衣食足りて礼節を知る」

精神的な豊かさは物のあとにくる

「いきずまっても、いきずまらない」

とよく声をかけられた。

人生の中でもいろいろあるが、これで終わりだと思ってはいけない。
そこで、座り込んではいけない。人間というのは知恵を生み出す存在である。「いきずまってもいきずまらない」と言われると勇気が沸いてくる。

壁にぶつかった時、左に行ってみる。右に行ってみる。それでもだめで、へたり込んでいてはだめだ。方法はいろいろある。「石を積む」「はしごをかける」
常に幸之助の言葉が入っている。
20年で事業の規模が20倍になった。

初年度、幸之助に夏休みをもらいに行った。

そのときは「そーかー」ですんだ。

夏休み2日目、電話がなった。誰かなと思うと「わしや」と幸之助の声
「なにか御用でしょうか?」というと「なにしてるんや?」という。
「夏休みだから休ませてもらってます」と言うと、
幸之助は
「夏休みだからって休んでていいのか?」
「なぜPHPを作ったかわかるか?」
戦争を二度としないように、日本をよくしよう世界をよくしようと言うこと。
「ようしってて、やすんでんな?」
「君なー、休みだからと休んでても地球は回ってるんやで」
「もういいわ」
と電話を切られた。
20分ほど正座のまま、電話機を眺めた。

翌日、幸之助の所に行ったんだが、
「君、きたんか。せっかく来たのなら仕事しよか?」
それから、休みなし、土日もなし。

年350日幸之助と接していた。

夕方、夜9時ぐらいにNHKニュースを見る
帰ろうとすると
「これから用事があるんか?」「わしはかまへんで〜」

夜の11時半ぐらいに「これで失礼します」と言うと
「あーそーか」といっては、必ず起きてきては出口まで見送る

「わしにはこれからやりたいことがいっぱいある」
「やりたいことも君に手伝ってもらわな、できないんや」
といつもいわれた。


■松下幸之助に教えられた事

してはいけないことはいつも雑談のなかで教えられた。

幸之助は昼に株式市場をみていた。

「わしが見ているのは世の中の動きを見ているんや」

と言っていた。

「君な、土地は必要なら買ってもいい。株はその会社を応援するなら買ってもいい」といわれた。

「人生と経営は博打やない」とよく言われた。

幸之助は人の話をよく聞かれた。

「あんた、どない思う?」
「あんたの考えを聞かせて?」
とよく言われていた。


松下政経塾を作った時も、300人ぐらいに聞いた。構想から15年かかった。

松下電器が大きくなったのも部下に話をよく聞いたからであった。

幸之助は

「君の意見を聞かせてくれ」「君の考えを聞かせてくれ」といつも言っていた。

100人が100人とも慕っていた。幸之助は10万人の社員に愛された。

雑談相談でものを教えていた。

幸之助のエピソード
ハーマカーンの話。※長いので割愛

幸之助は
1.「ものをたずねる」→「わが子をそだてる」
2.「自分で考えさせる」→「自分で発想させる」

幸之助は『気づきの教育』をしていたのだと思います。


■松下政経塾の成り立ち

指導者のレベルアップのために以下の3つの案があった。

1.国民運動
2.政党を作る
3.政治家養成塾

幸之助は
1985年には1990年代は日本はだめになると言っていた。

■Q&A

幸之助に趣味は?
特にない。人を喜ばせるだけ...

幸之助は宇宙を意識していた。
大楽観と小悲観 絶望はない

継続性の重視
「あと1日、あと1年がんばれば...」

座右の銘
『素直』
『大忍』※大忍は幸之助の作った言葉である。

指導者の条件
1.先見性
2.判断力
3.行動力
4.洞察力
5.情報力
6.創造力
7.人格(暖かさ、思いやり)

『思念を持って行動し結果を部下に渡す』





タグ:松下幸之助
posted by zapper33 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30502702

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。