2006年12月20日

チームの勝利を左右する勝ち(価値)組リーダーのセンス

■チームの勝利を左右する勝ち(価値)組リーダーのセンス 2006/12/20 瀬戸口千佳 先生

センスを身に付けていく講座である
探求していく(コミュニケーション)
講座の中でトレーニングしていく

○リーダーとはいったい何なのか?(なぜほりさげるのか?)
○リーダーの質とは?(わかっていないと結果が出ない)
○リーダーと管理職の違いは?

自分が組織の中にどっぷり入らない(離れて見ること)
自分でできないことは他人に聞く
リーダーを作っていく以前に管理職をつくる

Q1.リーダーとは?(参加者に聞く)
率先する人、独創的勝ちを生み出す、最終責任者、思いやりがある、ムードメーカー、企画力、まとめ役、引っ張り役

引っ張り役は20世紀のリーダー像ですね

リーダーを辞書で引くと
先導する人、見えやすくする人

リーダーとガイドの違いは?

リーダーは知らない分野に導く人
ガイドは知っている分野に導く人

知っていることだけしているだけではルーティンワークである
リーダーはメンバーの能力を発揮させる
リーダーは知らなくてよい(不安があってよい)
リーダーは完璧でなくてよい
20世紀のリーダーは情報が多かったが今は違う。
メンバーが多様化している。メンバーも情報量が多い

メンバーに結果を作らせる。(コーチに近い)一緒に喜ぶ

最初は自分が結果を出さないと納得できない。
トレーニングしていくと相手が出した結果を喜べる
自分のメンバーが結果を出すと喜べる
「出るくいは打たれる」がはびこっている
リーダーにはコーチのセンスが必要である
管理職でもリーダーでない人がたくさんいる
「人間は人をみて行動する」

リーダーとはコーチングからみるとクリアにする人(分別)
物事、先行、方向性、場(コミュニケーション)、感情、もやもや
クリアにすると人は動きやすくなる

コーチングにはクリアリングという技法がある
(全員をクリアリングしなくてよい)

クリアリングして進む

実習:クリアリング
1.目を合わせる
2.箇条書きで言う
3.黙って丸(○)で聞く、
例)そうなんですか。なるほど。完了さす。

クリアにした後、相手に話をする。

「マンツーマンでなくてよい」「信頼関係を築く」

「なるほど。」のトレーニングをする。
例)電車の中で他人の話を聞いてみる。心の中で「なるほど。」

リーダーでないと思われる人(参加者に聞く)
立場をかえない
観点を変えない
人の話を最後まで聞かない
他人の責任にする人
方針が定まらない人
言動が不一致(誠実性に欠ける)

責任で思いつく言葉は?(参加者に聞く)
やりがいとプレッシャー
体験と経験の違い(アルバイトと社員)
重い、尻拭い

責任をあらわす英語
1.responsibility
respons=対応する、反応
2.accountability
acoount=会計
3.liability
li=結ぶ

ability=能力

責任とは能力として発揮するもの

責任をとってやめる?⇒責任を能力と考える

相手をできる人とすると能力はでる

だからこそ「聴く」ことである
リーダーは責任という能力を発揮する

「在り方」について

自分は何をリードするのかわかっていること
例)1000万を作れ!圧力!どうするのか?
やり方に終始する。
行動に目が行く⇒あり方に目をやる
DoからBeへ
Be⇒Do⇒Have

Doに目が行き過ぎると
1.手詰まりになる
2.知識が行動の邪魔をする

「知識が増えすぎると正しい正しくないに陥る」

Be⇒どうありたいかを考えること

実習2(以下の問を考える)
Q1.なにをリードしていく?
例)人を育てる

Q2.行動するとしたら何をするか?
例)人間関係をよくする(話を聴く)
人格を高める
がまんする

「相手の中に答えがある」

どう思いますか?あなたはどう思いますか?Q&Q
今の自分をシェアすること



ラベル:コーチング
posted by zapper33 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。