2007年02月21日

閉塞感を打ち破る

■コーチングセミナー 20070221 瀬戸口コーチ

人間はどんな変化をするか

人間は人生の中で自分を振り返る時間がない

その時間を持つこと

会社でとかのセミナーだけだともったいない

自分を振り返る時間を持つセミナーをしてみるとか

ライフワークセッションを受けてみようと思う

個人セッションの時間を受けてみようと思う

個人セッションの時間を体験してみようと思う

■圧迫感を打ち破るリーダーのセンス

アイスブレークのワークをする

会話しながら感じたことは?

自分だけができないのではないか?

受け取っている感じがする

相手の話をしっかり聴く

人の話を聴くということで人生が変わる

人は安心すると能力がでる

トレーニングで構築したクセつけ

今の結果は今までのトレーニングの結果

トレーニングし続ければかならず変わる

自分はそういうクセを持っている

自分でつけた価値観=パラダイム

自分のパラダイムを人に証明しようとする

その通り結果を出そうとする

コーチングは自分をみじん切りにしてみる
  →チャンクダウン

嫌い→嫌いを作り出しているもの

嫌い→大くくりすぎる

例)
日本茶が嫌い→なぜきらい
青臭いから
なら番茶はOK?
なら日本茶がきらいではなく緑茶が嫌いってこと

閉塞感、圧迫感とかってどんな感じ

冷静でなくなる。あきらめる。逃げる。重苦しい。動かない。黙る。泣く。無気力。脱力観

能力を出すか、出さないか

能力を発揮する状態

軽やかさが必要

力がみなぎる。平常心

この状態にあるから能力がでない

どういう時に圧迫感が生まれるのか?観察する

観察する→前に進む

自分の中でいろいろなことに気づく

前進のサイクル

観察→行動→変化

とりあえず観察すること

自分の中で答えを部下に言わないこと

自分で観察すること。他人に話しするときにリアリティがない

悩むな=考えるではない

■圧迫感におちいる

お悩みペットに陥りやすい

人が行動するときに許可があるかどうか

1.これが答えだ!答えはひとつではない

日本人は答えをひとつにしたがる。世界は3つ。華僑は5つ。
企業家は3手先を3つ考える
3×3×3=27

2.がんばります→満足感 現実がみえなくなる

3.バリバリ勝っている人。×
  負けている人。○
  (判官贔屓 悲劇的英雄、判官源義経に同情する気持ち。転じて、弱者・敗者に同情し声援する感情をいう。


4.恥の文化、察する文化
  →わかったとしないこと

■センス
 これが答えだ→ほかには?
 がんばります 満足感と引き換えにしていないか?
 判官贔屓 遠慮してない?
 恥の文化 察する文化? 解ってない?

■可能を築く会話
 不可能の会話から可能の会話を!

 できることはなにがある。
 やれるとするとどうすればいい
 どうすればちかづく?

■ブレスト(ブレーンストーミング)を行う
アイデアフラッシュ
脳の活性化(枠を外す)

■ワーク
ワークでの重要事項
1.言ったことに対して批判しない
2.言った人を賞賛する(イイネソレ)
3.アホになる
4.数を出したもの勝ち

ブレストはリーダーがアホになること

posted by zapper33 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34429810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。