2007年02月22日

CCPMサミットin京都

■はじめに
なぜ、TOCが日本だけ封印されていたか

日本の文化 コンセンサス→ディシジョン
欧米の文化 ディシジョン→コンセンサス
TOC   コンセンサス→ディシジョン

だから、TOCは日本に合う

■シンプルシステム

リスクにたいしてとった対策
最短工数はお互い納得できるもの
差の半分は思い込み
CCPMで変化した点
どうしたらできるか考えるようになった
一番できる人間にはタスクは与えない
考えるのは工程を引くところで...

■日立ツール株式会社
嘘つきブローチからの脱却

タグ:ccpm
posted by zapper33 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | TOC(制約理論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34430353

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。